印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > Bedbath

高齢者の方々にとって方々にとって入浴にリスクはつきものです。

入浴ができない時はベッドバス、シャンプーキャップが
おすすめです。

電子レンジで温めるだけで、簡単かつ心地よく、身体を清潔にすることができます。
また、頭を直接洗えない場合には、シャンプーキャップ(湿式毛髪用の帽子型タオル)を使って洗髪しましょう。
こちらも使用方法は電子レンジで温めるだけ。簡単な上に、すすぎも不要です。
いずれも単回使用(ディスポーサブル)の製品なので清潔です。
使用前の準備作業もほとんど必要なく、使用後は簡単に廃棄できます。(廃棄は各自治体の分別に従ってください)

ただ今ベッドバスシステムの販売記念キャンペーンとしてオアシスベッドバス(無香料、ソープの香り各1個)&シャンプーキャップを各2パックセットでお得に販売しています。
ご購入はこちら

■シャンプーキャップの袋は破らず、そのまま電子レンジで加温します。
加温時間の目安  750W: 20秒
※過剰な加温はやけどの原因になります。

■温めたシャンプーキャップを袋から取り出し、頭にかぶせます。
■髪の毛をすべてキャップに入れ、しばらくそのままにしておくと頭全体が温まります。

■シャンプーキャップの上から頭全体を指先でマッサージします。
■ご自身または介護者の方でもマッサージ可能です。
■使用後は、キャップを外し、髪を整えてください。

■ベッドバスの袋は破らず、そのまま電子レンジで加温します。
加温時間の目安  750W: 1分
※過剰な加温はやけどの原因になります。

■首や耳の後ろ、あごの下を拭きます。
■しわを伸ばし、汚れをキレイに拭きとりましょう。

 

■手首から肩の方向に拭きます。一定の力で拭くと血液の循環を促すと言われています。
■手首や肘を支えることで、安定感が得られます。
■わきの下は、皮膚が密着して汗をかきやすいため汚れがちです。忘れずに拭きましょう。

■反対の腕も同様に拭きましょう。
■温度が冷めると寒気を感じ、不快感を与えてしまいますのでご注意ください。

■おなかは、おへそを中心に「の」の字を描くように拭きましょう。

■背中を拭くときは、体を横向きにします。
■腰から肩の方向に拭きます。
■背中をやさしくマッサージしながら拭くと、筋肉が和らぎます。

■足首を支えながら足先から足のつけ根に向けて拭きましょう。
■指の間や膝の後ろは汚れやすいので、念入りに拭きましょう。
■拭かない側の足は、しっかりタオルなどで保温しましょう。

■上から下へ拭くようにしましょう。
■一度拭いた面は避けて、タオルを使用しましょう。
■ご自身でできる場合は、本人にしてもらうようにしましょう。